本文へスキップ

市民の権利・許認可・マンション・不動産・介護福祉を支えます。ワタナベ総合法務事務所 権利・尊厳・後見人紹介ページ


ワ タ ナ ベ 総 合 法 務 事 務 所

電話でのお問い合わせはTEL.017-765-6363

〒030-0812 青森県青森市堤町1-3-14

後見人制度についてguardian

制度や仕組み・ご利用する際のルールなど 



 人は誰でも年齢を重ねると体力の衰えを感じ、暮らしの不安に直面します。老後の生活に何らかの備えとして、活用する制度が「後見人利用制度」です。後見人制度には、予め、契約等で取決めて締結しておく『任意後見人制度』と、判断能力等の問題で後見人となる『法定後見人制度(成年後見制度)(未成年後見制度)』があります。どちらの制度も法定に則り、行うことが必要で、双方の制度には、家庭裁判所が関与します。



法定後見人制度(成年後見制度)(未成年後見制度)について:

目標イメージ

 判断能力のない方、著しく不十分な方、不十分な方に代わって、「法定後見人」が生活面や財産管理などを行う制度をいいます。判断能力のない方、著しく不十分な方、不十分な方とは、知的障がい者や認知症高齢者、精神障がい者などの影響から、通常の生活に困難を伴っている方となります。未成年者や成年被後見人、被保佐人、被補助人があり、それぞれ、後見開始、保佐開始、補助開始の審判を経て、行います。家庭裁判所への申立てを、本人、親族等や手続代理人が申立て、家庭裁判所より審判されて、制度が遂行されます。手続代理人は、市区町村長にも申立権があります。


任意後見(契約にて遂行する)について:

目標イメージ

 契約内容で定めた任意後見は、ご依頼主のご本人が希望する範囲で、かつ、法令等に照らして、契約条項を作成します。当然ながら、契約書には法律法務の知識が不可欠ですので、専門家へのご依頼で行います。当事務所では、契約書作成から、任意後見人受託まで、支援しております。また、任意後見契約を、公正証書にする場合は、公証人との事前協議、手続等を支援します。尚、登記は公証人の嘱託によって行います。

契約別に定まる任意後見制度】

 任意後見には、「後見契約」、「財産管理契約」、「見守り契約」があります。ご本人に判断能力の低下が進行し、日々の生活に支障がでてきた場合に、契約で取り決めた内容の実施を求めて、家庭裁判所に「後見監督人」の選任手続を申立てます。家庭裁判所が『後見監督人』を選任し、契約内容への監督が図られるように担保されています。この選任手続を経ない内は、契約内容に効力はありません。

このページの先頭へ


後見制度の「仕組み」と「活用法」mechanism

後見制度のしくみ・ご活用について:

『後見制度のしくみと利活用:図解』

法定後見(成年後見制度)『申立』の流れ:
(申請申立から認定までの通常の手続など)





『被後見人(本人)の意思の尊重と利用促進法 2016年5月13日施行)』



 民法第858条は「生活、療養看護、財産管理といった成年後見活動において、本人(成年被後見人)の意思が尊重されるべきこと」が明確に定めています。また、「生活、療養看護」の部分に関わる福祉分野の法律(障がい者総合支援法)の基本理念1条として、「どこで誰と生活するかについての選択機会の確保」、同法42条「福祉サービス提供者」、同法51条の22において「相談支援事業者について、障がい者等の意思決定の支援に配慮して職務を遂行すべきこと」 このように法的には、『総じて明らかに、本人の意思・意向を尊重・配慮しつつ行うこと』が求められています。

このページの先頭へ

当事務所の取組み:(姿勢と専門性)

 生活・権利・尊厳を支える役割として、法的な専門家をはじめ、医療機関、社会福祉協議会、社会福祉法人など、行政や専門家等のネットワークを図りつつ、後見制度の活用を支援して、ご安心できる暮らしへと、お手伝いしております。

 介護・福祉の専門家(介護福祉士、厚生労働省所管 社会福祉事業団:認知症実務者研修修了者)として、身体障がいのご不便、精神性疾患の方、知的障がい者の方、認知症高齢者及び、ご家族様の相談・支援を行っています。様々な諸事情に寄り添い、共感する姿勢で、お手伝いさせて頂いております。

【認知症への対応】

 2015年1月より「認知症施策推進:総合戦略(新オレンジ・プラン)」が厚労省より発表・策定の実施が示されました。その内容は、認知症の方々の意思が尊重される「住み慣れた地域での暮らしを、自分らしく継続する社会を実現する」という政策です。
 
 
オレンジプラン(7つの柱):

1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
3.若年性認知症施策の強化
4.認知症の方々の介護者への支援
  (老々介護・認々介護への対策とサポート)
5.認知症の方々を含む高齢者等にやさしい地域づくりの推進
6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデ  ル、介護モデル等の開発研究及びその成果の普及の推進
7.認知症の人やその家族の視点の重視


このページの先頭へ



認知症への予防提案proposal 

認知症の予防の参考として:
「認知症の新・基礎知識」 著者 医学博士:浦上克哉 先生
(鳥取大学医学部教授、日本認知症予防学会理事長) 以下著書:抜粋


 認知症予防に効果があることが、医療・介護の施設等から多数報告されており、医学博士:浦上克哉 氏(鳥取大学医学部教授、日本認知症予防学会理事長)も論説を寄稿しています。 記憶を司る脳の「海馬」には、香りを感じる嗅神経が直結しています。脳に認知症の原因物質がたまると、海馬より先に嗅神経の機能が弱まり、香りの判別が難しくなります。アロマオイルの香りで刺激を与えることで嗅神経の機能が維持・回復でき、認知症の発症を予防できる。
(浦上博士:著書「認知症の新基礎知識」)


天然アロマオイルの香りによって、心身の健康を整え、常にリラックスを心掛けてる方法:

アロマテラピーの効果
昼は脳の働きを活発にし、夜はリラックスさせて、生活のリズムを整える
(ゆっくり休む)
脳は使うだけではなく、時にはゆっくり休ませることが大切です。アロマは大変効果があります。
(無農薬で栽培したアロマ)
アロマオイルは、無農薬(無肥料・無化学)で育てた植物から抽出した天然製品を選ぶことが大切です
(日々の暮らしに活用)
職場、ご自宅、ドライブ等、様々な日々の暮らしに手軽に取り入れて、心身機能をリラックス・リフレッシュすることで、不安感の軽減に繋がりますペンダント、携帯ストラップ、ブローチ等の芳香用製品にアロマオイルを染み込ませ、常に身に着けることで、さらに効果が持続します



当事務所へのお問合せ:電話017-765-6363(直通電話)
 〒030-0812 青森県青森市堤町1丁目3−14(リンクステーションホール徒歩1分)

   受 付 時 間      定 休 日
  9:00〜17:00     土・日・祝祭日
無料相談会  日 程(場所:2F相談室)  時   間( 備 考 )
*月*日 (近々に予定は、ございません) *ご用命の際は、個別に調整します

【法務・行政手続・代理人のご相談】 行 政 書 士 相談 (市民法律相談等)
 項 目     ご相談費用      備  考
 初回相談   1時間まで無料     権利・事故関係、遺言相続、許認可等
(当事務所2F:相談室の場合)
 面談相談   4,000円/時 当事務所もしくはご指定場所*
(*実費として移動交通費は別途)
打ち合わせ  ご依頼事の打合せは無料 書類等の作成依頼や代理人対応など

【マンション総合関係のご相談】 マンション管理士 宅地建物取引士 管理業務主任者等 相談
 項 目  ご相談費用      備  考
初回相談
1時間まで無料   
マンション管理(会計・建物・修繕)、管理組合の諸問題(管理委託・規約等改定・近隣トラブル等)(ご用命場所の場合は、移動交通費別途)
面談相談  3,000円/時 当事務所もしくはご指定場所*(マンション等)
(*実費として移動交通費は別途)
各種会合  2,500円/時 管理組合総会、理事会、専門部会等の出席に関しては、左記にてお見積します。(移動交通費は別途)
 
【介護福祉・障がい者支援(就労含)のご相談】 介護福祉士・自治体公認 認知症管理実務者 相談
 項 目  ご相談費用      備  考
初回相談
1時間まで無料   
介護問題(家庭・施設・手続等)、障がい者の諸問題(児童・学校・生活・就労・施設など)、認知症への相談(予防生活・施設・財産管理・後見制度)
(ご用命場所の場合は、移動交通費別途)
面談相談  2,000円/時     当事務所もしくはご指定場所*
    (*実費として移動交通費は別途)
同行支援  2,000円/時 介護施設や障がい者施設への同行に関しては、左記にてお見積します。(移動交通費は別途)
 
報酬等について:
 適正な価格帯で、ご依頼時の目安となる報酬を設定しています。「報酬額表(消費税別)」をご参照下さい。ご依頼の内容やボリューム等で若干、違いがあります。また、ご依頼やご相談時に、ご予算等を合わせて、お見積にて詳細をご提示致します。(ご提示した報酬額等を、ご了解頂いた後の受託となりますので、それまでは面談料等以外は、料金は発生致しませんので、ご安心ください)

  守秘義務・プライバシーに配慮した「相談室」完備しています。

information

ワ タ ナ ベ 総 合 法 務
事 務 所

〒030-0812
青森県青森市堤町1-3-14
TEL.017-765-6363
FAX.017-765-6364

お問合せ



公益財団法人 マンション管理センターホームページ。
地域の法律相談を、司法と関係機関・団体との連携で支援する「法テラス」ホームページ。
税務・社会保障関係のマイナンバー制度のホームページ。

マンション管理士・管理業務主任者等を所管する「国土交通省」ホームページ

マンションの全般・試験・制度を管轄する「マンション管理センター」ホームページ
社会福祉系(社会福祉士 介護・福祉 精神保健福祉士)の国家資格試験を所管する公益財団法人 社会福祉振興・試験センター ホームページ

不動産の適正化を所管する機構「不動産適正取引推進機構」ホームページマンションの管理に関して、試験・事業者などをサポートする「マンション管理業協会」ホームページ
介護福祉士の職能団体:日本介護福祉士会ホームページ日本行政書士会連合会ホームページ