本文へスキップ

青森 市民の権利・許認可・マンション・不動産・介護福祉を支えます。ワタナベ総合法務事務所 行政書士 予防法務の代理人ページ


ワ タ ナ ベ 総 合 法 務 事 務 所

電話でのお問い合わせはTEL.017-765-6363

〒030-0812 青森県青森市堤町1-3-14

行政書士についてadministrative lawyer

市民生活の「身近な法律家」:隣接法律専門職 



 行政書士法(第1条〜3条関係)に則り、行政・市民法務相談、法人の設立(各種定款・約款・取説・規約等)、起業相談、許認可申請への手続き・代理(官公署:省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所、陸運局その他行政機関等)、契約書などの権利・義務、事実証明に関係する作成代理、図面や調査書の作成、相続相談や遺言書作成、相続人調査、遺産分割協議書、離婚協議書、後見制度(成年後見制度・任意後見制度への相談等)、交通事故(後遺障害認定・自賠責手続)その他の災難事故への賠償請求など、対応しております。
基本「報酬額表」はこちら。


 身体の衰えや将来への不安など、ご自身・ご家族・ご親族等の心配事を、法的な面から、介護・福祉の観点など、ご相談に応じ、後見制度の契約書作成・手続き・受任を含めて、サポートしています。
法定後見から任意後見までの『後見制度』詳細ページへ。



 突然の事故に遭遇した場合や保険請求手続きに、隣接法律専門職として、法的内容に則した相談と書類作成及び相手方への内容証明郵便等の代理人を務めます。交通事故での後遺障害認定申請、自賠責事務所への申立等、住宅・店舗等の損壊事故の保険請求など、事故調査も含めて対応しています。
(宅地建物取引士、マンション管理士、介護福祉士の専門性を合わせてサポート致します。)

 市民生活への暮らしに関わる「権利・事実証明関係」「相続問題」「家庭に関わる問題(離婚相談など)」「個人・法人を含めた許認可申請」「車両関係」「交通事故」など、『身近な隣接法律家」として、市民の相談も行っております。


市民生活を通じた「予防法務」という視点:

目標イメージ

 市民生活を通じ、法的紛争が生じないように、『予防法務』の視点から、暮らし・仕事に根付いた法律家として、ご相談に応じています。
暮らしには、様々な場面で「どうしよう?」という事柄が発生します。その際の「身近な法律家」として、気軽に相談・ご用命に応じております。


各省庁、都道府県庁、市・町・村役所、警察署、保健所などに提出する書面作成。許認可に関する書類、農地法許可申請、食品営業・製造加工許可申請、宅建業免許申請、開発許可申請、労働者派遣申請、飲食店等の開業許可、事業許可(建設業・運送業・古物商・産業廃棄物業)申請代行、道路使用許可、車庫証明など。

株式・合同・社団・NPO・医療・社福・農業生産法人設立、その他法人設立。会社や組合等の定款作成、各種規定や細則など、法令を踏まえた適正書面作成。*登記所への登記申請手続は司法書士、特許・著作権への弁理士、各士業へのご紹介も可能です。

各種の証明書、契約書(贈与・売買・請負・賃貸借・組合・覚書・念書・和解など)、内容証明郵便の文面(通知書・請求書等)、離婚協議書、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、各種定款・各種約款、示談の相談・書面作成、告訴状・告発書、被害調査などの書類を代理人としての作成・提出手続。

権利・義務、事実証明に関する対応:

目標イメージ

 行政書士の専権業務(独占業務=その士業のみ許された業務)は、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること。その業務を手続(申請・届出等)・相談を含めて、代理人として関わることとなっています。
そして、非専権業務(非独占業務=他士業との共管とされ、行政書士にも許されている業務)として、契約その他に関する書類を代理人として作成・手続することがあります。


契約その他に関する書類の代理人】
 権利・義務、事実証明に関する書類とは権利の発生、存続、変更、消滅の効果を発生させる意思表示を内容とするものをいいます。現代社会では、何をするにも、まずは書類と言える生活・仕事・学びがあると思います。市民生活を守る、そして、紛争を予防する意味を含めて、法的な内容に即した書類が大切となります。書類作成等は慣れていない方には大変な作業です。また、内容への適正さや現行法ではどうなのか?など、日々の暮らしの多忙さもあり、中々、思うように作業が進みません。そのような方々を応援するのが行政書士業務です。

 行政書士は、依頼者の権利を守る趣旨、現在から将来への紛争予防の約定など、代理人として、書類の内容を法的な視点から編纂するなど、依頼者の重要な役割を担っています。


 各種の証明書、契約書(贈与・売買・請負・賃貸借・組合・覚書・念書・和解・終身定期金など)、内容証明郵便の文面(通知書・請求書・通告書・警告書・クーリングオフ代行・慰謝料請求・損害賠償請求書・未払い賃金請求・ストーカー対策等)、遺産分割協議書、離婚協議書、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、各種定款・各種約款・各種規約・取説、示談の相談・書面作成、刑事告訴状・告発書、被害調査などの書類作成。



このページの先頭へ


行政書士による法的関わりleral concern

事故・事件・災難での損害に遭遇した際のサポート:

 日々の生活環境下で、事故・事件・災難等によって損害を被った場合、自己や親族、職場等の権利として、相手方に法律上、保護される権利・利益として、賠償請求が必要な場面にも遭遇します。「損害賠償請求書」等は、法的な趣旨・主張、賠償額等を「故意・過失」「正義・公平」の観点から立証し提示することが求められます。また、被害・損害の対象になるものは、身体・財産に限らず、精神的な部分での損害(慰謝料)もあります。行政書士は、隣接法律専門職者として、権利・義務、事実証明の書類作成、内容証明郵便作成・送付、損害賠償請求書、犯罪等の刑事告訴状・告発書(官公署提出手続含む)の作成手続に関する代理人を務めます。

 裁判(訴訟・調停等)に訴求しなければ解決できない事件・事故の業務は、弁護士の専権事項となりますが、市民生活には、そこまでしなくても解決したい、大袈裟にしたくない、ちょっとしたトラブルだから、など、文書や協議・相談等で権利・損害を趣旨・主張することで解決できる事柄が多くあります。被害に責任のある当事者が、故意・過失が軽微で、損害を与え場合などは、書類にて解決方法をルール化(条文:約束事とする)し、事を治めることも必要です。

例えば、お金を貸したけど返してくれない。賃貸借の敷金を返してもらいたい。
    慰謝料請求、損害賠償請求をしたい。商品代金が未納で困っている。
    クーリングオフ、購入解約をしたい。提示された契約書の内容に疑問、不審がある。
    残業代や未払い賃金があり請求したい。相手の不誠実を糺すため、刑事告訴したい。
    親族間・家庭内での問題のため、大袈裟(訴訟事)にしなくない。
    日々、お世話になっている介護施設等で発生した事故被害相談。
    交通事故に遭ったが、保険会社の対応に納得がいないから通知文を送付したい。
    自然災害にて住宅が損壊したが、損害額等の算定書を作りたい。など

 一応、例えとして上げましたが、行政書士は法的に対応した書類(権利義務・事実証明)の代理人として 作成し、記名・職印を施しますので、一定の効力ある書類となります。

遺言書関係(遺言執行人・公正証書案作成):
(相続問題の法律上のルール、相続人調査関係、遺産分割協議書など)


 遺言書関係(遺言執行人・公正証書案含む)、相続問題の相談・相続人調査、遺産分割協議書作成。「後見人制度」への相談とサポート。任意後見の契約等の相談・後見受任サポートなど(介護福祉士の資格実務専門性もあります)にも対応しています。



 地域の皆さんにとって、相続問題は必ずと言っていいほど、確実にやってきます。相続紛争に巻き込まれないための対策として「予防法務」をご検討・ご相談されることをお勧めます。
相続人(法的には推定相続人と呼ぶ。被相続人が亡くなった後に真正相続人となる)が交わす遺産分割協議書等は、一種の『契約書』です。この契約書に関して、被相続人の意思を反映させる書類が『遺言書』となります。遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。一番ポピュラーに利用されているのが、自筆証書遺言です。御自身が自筆し、署名・押捺する遺言書をいいます。トラブルに発展している遺言書で、圧倒的に多いのが「自筆証書遺言」です。

 生前に遺言書を作成し、効力を及ぼすには、法令遵守と趣旨の明確性が認められます。この部分に法的なサポート(作成案の提示)を務めるのが、行政書士です。


【遺言書作成の基本】 ご自身で作成・署名・捺印する。
 自筆証書遺言とは、遺言者が,その全文・日付・氏名を自書し、これに押印することにより作成するものをいいます(民法968条)。したがって、遺言者が字を書くことができ、印を押す機会さえあれば、原則として、自分の思ったとおりに自由に作ることができます。
自筆証書遺言は簡単に作成でき、遺言をしたことを秘密にしておけることや、遺言作成にほとんど費用が掛からないというメリットがあります。逆にデメリットとしては、遺言書が紛失したり、第三者によって隠匿・偽造・変造されるおそれがあること、また、方式の不備により無効となる場合等があります。

【法律上の効果(効力)が認められる遺言書作成のルール】
@相続に関する事柄の記述
 当然ながら相続に関係しない内容は、作文的に扱いになります。例えば、相続人に当たる方々へ仲良く暮らすようにと考えて記述した家訓のような内容は、法的な効力は生じません。遺言を残す側としては、そのような内容を記述したいとの思いは重々理解できます。しかしながら、法的には当事者に厳守させる効力・強制的な効果はありません。

A相続以外に定める財産的な処分
 遺贈(財団法人や公共的機関への寄付行為など)や生命保険金の受取人の変更など

B身分行為(遺言認知、未成年後見人・未成年後見監督人指定)

C遺言執行(実行)に関する事柄(遺言執行人を定めるなど)

 満15歳になった者は原則として遺言ができます。
遺言をするについても事物の判断は必要ですから、意思能力(遺言能力)のない者は遺言をすることはできないとされています。
成年被後見人とは、「常に精神上の障害により、自己の行為について判断能力を欠く状態にあり、後見開始の審判を受けた者をいいます。」
 成年被後見人でも、本心に復したときには、2人以上の資格のある医師の立ち会いがあれば、遺言をすることができます(民法973条)。
 他方、被保佐人の場合は誰の承認も必要でなく、1人で遺言できます。
尚、遺言をするについての遺言能力は、遺言をするときに必要なため(民法963条)、正常な精神状態で遺言をなした者が、その後心神喪失中に死亡したとしても、その遺言は有効とされています。

紛争を未然に予防する” 専門家として、地域の皆さんが安心して暮らせるように迅速・丁寧に、ご依頼を承ります

このページの先頭へ

公正証書遺言とは:(作成と手続)

 公正証書遺言を作成する場合は、原則として公証人役場で作成することになります。
公証人の管轄区域内であれば、公証人が病院や自宅に出張するなどして公正証書遺言を作成することも可能です。また、証人2人以上の立会が必要です。
 準備するものとしては:
@遺言者の印鑑証明書と実印
A証人の住民票の写し
B相続人の戸籍謄本,C遺言執行者の住民票の写し
D遺言の対象である財産に関する資料
(不動産登記簿謄本、預貯金通帳、賃貸借契約書等)が挙げられます。もっとも、遺言の内容によって他に必要となる資料もあることから、公証人役場に直接問い合わせた方が確実です。

公正証書遺言の作成順序(民法969条):
@遺言者が遺言の趣旨を公証人へ口授  
A公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせ、または閲覧せせる
B遺言者および証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名押印します。
(遺言者が署名できないときは公証人がその事由を付記する)。  
C公証人がその証書が以上の方式に従って作ったものであることを付記し、署名押印します。

生活・権利・尊厳を支える役割として、法的な観点から公正証書遺言の作成案・手続をサポート・お手伝いしております。


秘密証書遺言とは:(作成と手続)

 秘密証書遺言とは、遺言者が遺言者の生前は遺言の内容を秘密にしておきたい。遺言書の存在は明らかにしておきたいという場合に、自己の管理下で作成した遺言書を公証役場へ持ち込み、その存在を公証人が公証する方式の遺言をいいます(民法970条)。
 公証人は遺言の中身を知ることができません。遺言の内容を秘密にしておくことで、遺言者の意に反するトラブルが生じることを防ぐという意味はあります。
手続きがやや煩雑・複雑であること、紛失・未発見のおそれがあることから、実際はあまり利用されていないのが現状です。
秘密証書遺言は自筆証書遺言と異なり特別の方式はなく、遺言者の署名(自書)押印があれば、本文自体は代書やパソコンで作成することができます。したがって、自分の指名を書くことができる者であれば他に字が書けなくても秘密証書遺言をすることができます。
*ただし、その場合は、代書パソコンによる作成者が誰であるかは公証役場に伝える必要があります。

注意事項:
 本人以外がパソコンで作成したにも関わらず、本人が作成したと口述したことによって遺言の効力が否定された裁判例もあるため注意が必要です。
尚、「秘密証書遺言」も「自筆証書遺言」と同じく封書されているため、家庭裁判所で検認を受ける必要があり(民法1004条3項、1項)、それ以前に勝手に開封した場合は、遺言の効力に影響はないものの、5万円以下の過料に処せられます(民法1005条)

 秘密証書遺言の作成(案)について、作成方法のレクチャー含む相談もお受けしていますので、どのような対策が、ご自分にとって最善の予防方法なのか。様々なご事情を考慮して、実直にご支援致します。
 


このページの先頭へ



相続に関する代表的な法的制度civil law system 

『遺産分割協議』による相続分の分配について:

 被相続人が死亡したときは、その人が生前に持っていた財産を、相続人(家族や親族等)が引き継いでいくことを『相続する』といいます。相続人の範囲や遺産分割、遺言など「相続制度」をめぐる根本的な規定は民法の相続編(第882条〜959条)に詳細に定められています。実際の実務では、民法を基本に、憲法、戸籍法、不動産登記法、信託法、破産法、相続税法など、相続に関するそれぞれの関係法令に則り、進めることとなります。

 相続人が2名以上いる場合で欠かせない手続きが『遺産分割協議』です。遺産分割には、いつまでといった規定がある訳ではありませんが、遺産分割協議が済んでいないと、相続人には様々なマイナス(不利益)が発生することがあります。例えば、被相続人の配偶者に設けられている減税措置が受けられない、被相続人の預貯金につき、払戻しに制限が発生する、不動産名義・自動車名義などが被相続人のままである場合も制限を受けます。長期間、遺産分割協議をせずにいた場合は、本来(第一順位の推定相続人)の相続人が他界するなど、相続人が代襲され、増えることもあります。このようになった場合は、相続手続きも煩雑になります。
 相続時に遺言があれば、その意思に従った遺産分割方法となりますが、遺言がない場合は、遺産分割協議を経て、『遺産分割協議書』を作成することになります。これは一種の契約書(合意書)になりますので、この書面を添付して、預貯金や不動産、自動車等の権利者変更を行うこととなります。
 遺産分割協議書は法的効力を持つ書面にする意味合いで作成するものですから、専門家(弁護士、行政書士等)に作成関与してもらうことが肝要です。書面には決まった「雛形」があるわけではありませんが、遺産明細(財産目録)や相続人関係説明図(相続人の系図)と、遺産分割協議の内容を明確に記載することは不可欠となります。

【相続に付随した探索/調査】
 遺言書作成支援や遺産分割協議書作成での権利・義務関係(農地:耕作放棄地・遊休農地・放置林、利活用の手続き等)、所有者不明の土地(所有者・共有者の探索調査・相続人の確定・所有者不明の原因及び意向調査)等々、相続にて問題となる戸籍等の調査(官公署等)、親族関係(関係説明図作成)の遺産分割協議支援は、登記等の有無に関わらず、行政書士の専管業務となります。

【任意相続財産管理】
 「任意」にお受けする相続財産管理について、相続登記に関係なく、戸籍関係書類の取得・取寄せ、相続関係説明図の作成、相続財産の調査(金融機関含む)及び目録の作成、自動車関係の調査・変更及び廃車手続等、遺産分割協議の作成等。

【自身で行う(相続人による)作業での難しい点】
@相続人が少ない家族関係の場合は、一般の方でも遺産分割協議書を作成することは容易ですが、離婚・養子など、様々な要因・関係が絡んでくると、一般の方では大変な作業になります。

A戸籍等の取得は、たとえ親族の分を取得する場合でも、その都度、本人からの委任状を提示する必要がありますので、何度も役所へ足を運ぶこととなります。なお、個人情報保護法の影響もあり、直系の親族(尊属・卑属)でない場合は、取得が制限される場合もあります。例えば、生存している方の戸籍は他人(他の兄弟姉妹など)が役所へ請求しても断られます。
※行政書士は職務上、戸籍などの書類を取得する権限がありますので、最初に依頼人より、委任状を交わし、必要書類を揃えます。

B戸籍等も記載事項が分かりづらく、除籍・改正原戸籍・附票・改正原附票など、どれを取得すればよいのか、一般の方には非常に分かりにくい部分です。行政書士は、戸籍の内容を読み解き、どの書類が必要なのか判断し、一連の作業を代行します。

内容に間違いや祖語(そご)があった場合は、遺産分割協議書の効力が否定されることもありますので、注意が必要です(法務局や陸運局、銀行、証券会社等での変更手続きでも拒否されることもあります)。

Cご自身での相続人の調査で、知らない人が相続人として判明した場合は、その方への連絡が必要となります。この際、専門家ではない一般の方が連絡(通知書を送付するなど)した場合、警戒されたり無視されたりと、遺産分割の手続きが滞る事態ともなります。遺産分割協議書には相続人全員の署名捺印(実印)と印鑑証明書の添付が必要ですので、日頃から連絡を取り合う関係になかった方へは細心の配慮が必要です。ここを欠いた場合は、ご協力いただけないことにも繋がります。

また、遺産分割協議に未成年者がいるときは、特別代理人を選定することが必要となります。相続の場合は、親など利害が対立する者は特別代理人になれません。この場合は、親族の中から適切な方を選び、家庭裁判所へ申立をして選任することとなります。


 『遺産分割協議書』は、相続人の間での後日の紛争を予防するという意味と、各種法的手続き(預貯金の解約・払戻し、自動車の名義変更や譲渡、不動産の登記、税金の申告、有価証券の名義変更など)を行う際に必要となる「権利義務・事実証明」の法的書面となりますので、法定事項に則り、正確に記すことが求められます。

 これらの作業は、行政書士の「権利義務・事実証明に関する書類作成」に当たる専権業務となります。なお、行政書士は、ご依頼を受けた代理人として、法律で制限ある事項以外(他士業の専管)、権利義務・事実証明に関する書類作成を許されている隣接法律専門職者です。


 
 
当事務所では、遺産分割協議に向けての準備(遺産分割への相続人確認事項:原戸籍謄本、除籍謄本、戸籍謄本・附票、住民票、固定資産評価書、自動車関係の調査・取寄せ・名義変更等)から、分割協議への同席、遺産分割協議書作成、各種関係機関手続きなど、一連の作業をワンストップで受任しております。他士業の専管事項(登記手続、相続税申告など)につきましても、日頃から連携頂いている専門家(弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、その他の士業)との協働で法的作業を遂行しますので、ご依頼者は、当事務所を窓口として、お任せいただくことで、煩雑な作業はありません。ご面談時に費用やスケジュールなど、明瞭に提示しますので、ご安心ください。なお、相続において、既にトラブルや紛争となっている場合は、受任できないこともありますので、ご了承ください。(トラブル・紛争事案は、連携頂いている弁護士へのご紹介も可能です)

『民法等の改正法』について 相続に関する改正のポイント:


 民法の相続編(第882条〜1044条)が、相続においての基本的な内容となりますが、この相続改正法が改正(2018年7月6日成立:7月13日公布)され、以下の項目が順次、改められます。
(相続改正法=民法・家事事件手続法及び法務局における遺言書の保管等に関する法律を指す)

1.配偶者の『居住権』が認められます(上記公布の日から2年以内に施行される予定)。相続が発生したご自宅の権利を「所有権」と「居住権」に分け、被相続人の配偶者(妻)には居住権が認められます。例えば、夫が亡くなり80歳の妻(配偶者)とその息子2人が相続した場合、今まででは配偶者2分の1、その子はそれぞれ4分の1ですので、自宅である不動産と預貯金を金銭に評価して、法定相続分を分けていました。改正法では自宅の居住権と所有者を分けて相続できますので、配偶者はご自宅に住み続けることが可能となります。

〔配偶者短期居住権とは〕
 配偶者の死亡日から遺産分割協議の成立までの短期的な居住権を認めるものをいいます。遺産分割により相続財産の帰属が確定する日、または相続開始から6カ月を経過する日の何れか遅い日まで、当該居住建物に無償で居住する権利のこと(改正法1037条)。

〔居住権の注意点〕
 「居住権は売却などの対象とならない」という点です。居住権は権利を譲渡できません。例えば、居住権を活用して、ご自宅で生活していたが、介護施設等に移ることとなった際、売却して入居金を捻出したいと考えても、売却の対象とならないことから現金化はできません。

2.遺産分割等に関する改正(上記公布の日から1年以内に施行される予定)
 (1)持ち戻し免除の意思の推定
 持戻しとは、特別受益のうち、婚姻・養子縁組のため、または、生計の資本としてなされた生前贈与を相続財産に加えることをいいます。相続人間の公平性をはかることが目的とされます。例えば、被相続人(遺産を残して亡くなった方)の生前に、大学の学費や結婚式の費用など、生前に贈与を受けた人が相続人にいる場合は、全体の相続分を算出する際に、贈与分を「特別受益」として遺産に加え、持ち戻しとして合算してから、各相続人の相続分を算定します。この際の持ち戻しは、遺留分を侵害しない限度で、被相続人の意思で、これを排除することができます。これを持戻しの免除といいます(民法第903条3項)。 改正法では、被相続人が持戻し免除の意思表示をしていなくても、それがあったものと推定する。これによって、生前贈与や遺贈が行われた相続人は、より多くの相続財産を受取ることができます。

〔持戻し免除を受けることができる要件〕
 婚姻20年以上の夫婦の間で一方の配偶者が他方の配偶者に対し、居住用の土地・建物の遺贈・贈与をした場合。これらの要件が認められる場合は、「持戻し免除の意思表示があったものと推定されます(民法第903条4項)。※伴侶亡き後の配偶者の生活保障を厚くする改正と言えます。

 (2)預貯金の仮払い制度
 預貯金口座は、名義人(被相続人)の死亡によって凍結され、引出しが制限されます。これによって被相続人の葬儀代や関連する精算手続きに支障となっていました。改正法では、預貯金の仮払い制度(民法第909条の2、家事事件手続法第200条3項)を創設し、預貯金の払い出しを可能としました。※家庭裁判所の判断が不要で、相続開始時点の預貯金の額の3分の1に各相続人の法定相続分を乗じた額に相当する預貯金の引き出しが、単独でできる法制度となります。

3.遺言制度に関する改正
 (1)自筆証書遺言の方式の緩和(2019年1月施行)
 自筆遺言は、改正前の民法第968条1項にて「全文、日付及び氏名」を全て自書し、これに印を押さなければならないとなっていました(要式性と自書性を厳格に求める条文)。改正法では、「全文を自書する」という要件を緩和して、作成の手間を改善する方式として、本文の自書は変わらないものの、遺産を記載した「財産目録」については、パソコン等で作成可能となりました。その他、不動産の登記事項証明書や預貯金コピーの添付も認められるようになりました。但し、財産目録等の全ページには、署名捺印が必要です。

 (2)自筆証書遺言の保管制度(上記公布の日から2年以内に施行される予定)
 自筆証書遺言は、手軽に作成できる点がありますが、公正証書遺言のように、公証人役場で原本を保管いただくという仕組みではありません。作成した自筆証書遺言を紛失したり、本人亡き後、相続人に気付いてもらえないケースや、隠匿もしくは変造されるケースなど、様々な不安要素がありました。改正法では、自筆証書遺言の「保管制度」を創設(法務局における遺言書の保管等に関する法律=新遺保法)して、不安要素への対策を講じています。
  ア 保管の申請 
 遺言書を作成した場合は、法務局に保管の申請を行います。法務局は形式を審査して問題がなければ原本を保管します(新遺保法第6条、第7条)。※保管後、返還を求めることも可能。
  イ 相続人による法務局への照会が可能
 相続人等は、遺言者死亡後、遺言書が保管されているかなどの照会を法務局にすることができ、遺言書の証明書を取寄せ、被相続人の意思とおりの相続手続に入ることができます。
  ウ 自筆証書遺言の検認が不要となる
 改正前では、自筆証書遺言が残されている場合は、相続開始後に家庭裁判所での検認手続を受けることが民法第1004条1項にて法定されていますが、保管制度を利用した場合は、検認不要となり、煩雑と言われていた検認手続を省略することができます。

 (3)遺言執行者の権限の明確化
 遺言執行者とは、遺言を遂行する人をいいますが、遺言執行者の法的地位は、改正前の民法第1015条「相続人の代理人とみなす」とだけあるのみで、遺言執行者の法的地位が明確になっていませんでした。改正法(民法第1007条2項)で、遺言執行者の権限を明確化しました。

〔遺言執行者の権限等〕
  ア 選任方法 遺言または相続人からの申立て
  イ 資格要件 未成年者や破産者は就任できない。
         上記以外の受遺者や相続人でも就任は否定されない。
         なお、法律専門職者(弁護士・司法書士・行政書士等への依頼可能)
  ウ 職務権限 遺言内容を実現するための相続管理その他遺言執行に必要な一切の行為
        (財産目録作成交付、預貯金の払い出しや解約、子の認知、相続人廃除等
  エ 報  酬 遺言内容等による。遺産の数%など

4.遺留分制度の見直し(上記公布の日から1年以内に施行される予定)
 遺留分とは、一定の範囲の法定相続人が遺産に対して有する最低限の保証された権利(改正前民法第1034条)。例えば、遺言書にて「全財産を相続人甲に相続させる」と自書あった場合でも、他の相続人から遺留分の主張がされた際は形成権として認め、遺留分の主張をした他の相続人に財産を与えなければなりません。近年、相続の際の事業承継などに問題があるとされ、改正法では見直しが図られました。

〔見直しの概要〕
 遺留分権利者は「遺留分の侵害額」に相当する金銭の支払いを求めることができます。また、算定方法の見直しとして、相続人に対する贈与は、原則として相続開始前の10年間にされたものに限り、遺留分算定の基礎に含めれること。

5.権利の承継と義務の承継(上記公布の日から1年以内に施行される予定)
 改正前は、相続分を定めたり、遺産分割方法を取決めしても、法定相続分を超えて財産を承継した相続人は、登記等の第三者対抗要件を完了しなくても、当然に第三者へ対抗できるとされていましたが、実務では誰が真の所有者かなど、判断ができずにトラブルの原因となっていました。改正法(民法第899条の2)では、遺言によって承継した場合であっても、法定相続分を超える部分については、登記や登録などの手続を完了しなければ、第三者に対抗できないとなりました。自分の権利を守るためには、相続が開始したら、速やかに登記や登録が必要へと改正されました。

6.相続人以外の者の貢献の考慮(上記公布の日から1年以内に施行される予定)
 改正前は、特別寄与分が認められるには、結構ななハードルがありました。

例えば、(過去の判例)

寄与分の算定:
(有斐閣:判例六法Professional 最新版より抜粋)
 療養看護型
 被相続人が入院する10年前から認知症が目立つ被相続人に対して家庭で不寝番をするなどして、たえず付き添って療養看護を行い、入院後死亡までの5か月間はタクシーで病院に通って被相続人に付き添い、身の回りの世話をした事例:
(社会生活六法:新法規監修より)
被相続人の認知症が高じた後半の10年間の看護が親族間の扶養義務に基づく一般的な寄与の程度をはるかに超えたものと認め、療養看護の方法による遺産の維持に特別の寄与があったとして、当時の看護婦・家政婦紹介所の協定料金を基準として算出した額の60パーセントを寄与分とした判例。
 扶養型
数名の子のうち二男が全面的に被相続人である母の扶養を引受け、約800万円余りの金銭的負担をしたため、被相続人は自己の財産を費消しないで遺産ができたのだから、この二男にはその本来的部分を超えて負担したものとみなされる部分に対応する寄与を認めるのが相当であるとして、約700万円を寄与分として認めた判例。
 家事従事型
夫婦間の協力義務や扶助義務として家事・育児に従事しただけでなく、被相続人死亡まで45年間にわたって中心となって家業である農業に従事し、財産の大部分を占める農地の取得、維持について特段の貢献をなした妻に3割、27年間にわたって報酬を受けることなく家業に従事し、財産の取得、維持につき被相続人の他の子らに比して特段の貢献をした長男に1割相当の寄与分を認めた判例。
 財産管理の貢献型
被相続人所有の土地の売却につき、同地上の家屋の借家人との立退交渉、同家屋の取壊し・滅失登記手続,同土地の売買契約の締結等に努力した真正相続人につき、土地売却価格の増加に対する寄与を認め、寄与の程度を定めるにあたり、不動産仲介人の手数料の基準をも考慮し、認めた判例。


 改正法(民法第1050条)では、被相続人の相続人以外の親族が、無償で療養看護などの労務を行ってきたとして、被相続人の財産の維持・増加に貢献した場合は、その相続人に対して「特別寄与料」として金銭を請求することができるようになりました。請求できる人は、相続人、相続を放棄した者、相続人の欠格事由に該当する者及び廃除により相続権を失った者を除いた、「被相続人の親族」である(民法第1050条1項)。この親族には、被相続人の子の配偶者・被相続人の兄弟姉妹及びその配偶者・被相続人の兄弟姉妹の子及びその配偶者、被相続人の配偶者の連れ子も含めれるとされています。※法的婚姻もしくは親族関係が必要とされ、内縁関係にある人は対象外となります。

〔特別寄与が認められる要件〕
  ア 被相続人の親族
※相続人、相続を放棄した者、相続人の欠格事由に該当する者及び廃除により相続権を失った者を除く
  イ 被相続人に対して
「無償で療養看護その他の労務の提供により、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をすること」が必要

〔特別寄与を請求できる人の範囲〕
  「被相続人の親族」
「被相続人の子の配偶者、被相続人の兄弟姉妹及びその配偶者、被相続人の兄弟姉妹の子及びその配偶者、被相続人の配偶者の連れ子も含めれる」

〔特別寄与の請求手続〕
  ア 家庭裁判所に対する請求
「相続人当事者間にて協議が整わない、または協議することができない場合は、家庭裁判所へ協議に代わる処分を請求することができます。」
  イ 特別寄与料の算定
「家庭裁判所は、処分の請求に対して、寄与の時期、方法及び程度、相続財産の額その他一切の事情をを考慮して、特別寄与料の額を定める」(家事事件手続法216条の3)
  ウ 権利行使の制限 特別寄与の権利行使には制限があります。
「特別寄与者が相続の開始及び相続人を知った時から6カ月を経過するまで、または、相続開始から1年を経過するまで。」

 改正前は、被相続人に対して介護等により生活への貢献をしてきた親族(子の配偶者等)でも、相続人ではないとの形式的な理由のみで相続手続から除外されてきましたが、改正法では、一定の範囲でその貢献に報いるものとして、新設されたものです。

【 改正相続法に関する法律 】
・民法(改正民法)第885条〜第1050条
・法務局における遺言書の保管等に関する法律(新遺保法)
・家事事件手続法(改正一部)第3条の11・14、第200条、第215条〜第240条




 

 
行政書士は、一部(行政不服審査)を除き、訴訟事案及び訴訟代理人となれません。相続関係の諸手続(権利義務・事実証明=遺産分割協議書)及び資料準備、相続人調査等は、行政書士の職域ですので、識見・経験則・ノウハウ・他士業との連携等で、迅速・丁寧に支援しております。
(当事務所では、宅地建物取引士や福祉・介護の専門職(介護福祉士)としての視点も合わせて、ご依頼事に取り組んでおります)



当事務所へのお問合せ:電話017-765-6363(実務家:直通電話)
 〒030-0812 青森県青森市堤町1丁目3−14(リンクステーションホール徒歩1分)

   受 付 時 間      定 休 日
  9:00〜17:00     土・日・祝祭日
無料相談会  日 程(場所:2F相談室)  時   間( 備 考 )
*月*日 (近々に予定は、ございません) *ご用命の際は、個別に調整します

 項 目     ご相談費用      備  考
 初回相談   1時間まで無料     権利・事故関係、遺言相続、許認可等
(当事務所2F:相談室の場合)
 面談相談   4,000円/時 当事務所もしくはご指定場所*
(*実費として移動交通費は別途)
打ち合わせ  ご依頼事の打合せは無料 書類等の作成依頼や代理人対応など


報酬等について:

 適正な価格帯で、ご依頼時の目安となる報酬を設定しています。「報酬額表(消費税別)」をご参照下さい。ご依頼の内容やボリューム等で若干、違いがあります。また、ご依頼やご相談時に、ご予算等を合わせて、お見積にて詳細をご提示致します。(ご提示した報酬額等を、ご了解頂いた後の受託となりますので、それまでは面談料等以外は、料金は発生致しませんので、ご安心ください)

 守秘義務・プライバシーに配慮した「相談室」完備しています。

information

行 政 書 士 事務所
ワ タ ナ ベ 総 合 法 務
事 務 所

代表行政書士 渡邊 信二
〒030-0812
青森県青森市堤町1-3-14
TEL.017-765-6363
FAX.017-765-6364

 渡邊
お気軽にご相談ください。

    

お問合せ



公益財団法人 マンション管理センターホームページ。
地域の法律相談を、司法と関係機関・団体との連携で支援する「法テラス」ホームページ。
税務・社会保障関係のマイナンバー制度のホームページ。

マンション管理士・管理業務主任者等を所管する「国土交通省」ホームページ

マンションの全般・試験・制度を管轄する「マンション管理センター」ホームページ
社会福祉系(社会福祉士 介護・福祉 精神保健福祉士)の国家資格試験を所管する公益財団法人 社会福祉振興・試験センター ホームページ

不動産の適正化を所管する機構「不動産適正取引推進機構」ホームページマンションの管理に関して、試験・事業者などをサポートする「マンション管理業協会」ホームページ
介護福祉士の職能団体:日本介護福祉士会ホームページ日本行政書士会連合会ホームページ